作者別: admin

地域科学研究所の持つプロジェクトの魅力

地方自治体には、さまざまな遊休地が生まれてきてしまっています。これが大きな問題にもなってきていますが、他にも廃校になってしまった学校などの公共施設も遊休施設となっています。廃校があるということは、治安などにも悪影響を与えることになりかねません。そこで遊休施設の再利用が大きな注目を集めるようになってきました。地域科学研究所でもさまざまな提案をしてきたようです。そのひとつとして、休校になってしまった学校や幼稚園を商店としてオープンさせ活用する方法があります。休校になってしまった学校をパン屋などにすることによって、空間の再生が地域科学研究所によっておこなわれてきたそうです。

行政との交渉も必要になりますが、老朽化してしまい使い道のなくなった建物も、こうした再生方法が出てくるようとおもしろいですね。
地域科学研究所でも多くの建物再生の例がありますが、このような再利用が進んでいくと、雇用が発生してくることにも注目しなければいけないでしょう。
施設が注目されるようになり、利益も出てくるようになれば、事業拡大にも繋がり、その分の人材も必要になっていきます。地域科学研究所が新たなお店をつくり出すサポートをすることによって、地域活性の引き金になってくる例といえるでしょう。パン屋の場合には、周辺に小麦が取れる環境があったことも再生のポイントとなりました。さまざまな観点から地方活性ができるようになるのですから、地域科学研究所の提案が生きた例といえるのです。

たとえば廃校になったスペースは、使い方次第でいろいろと利用方法が広がっていきます。大きな空間を持っていることは間違いありません。
大きな空間を生かして、会議に使用することなども可能でしょう。ICT技術を持っている地域科学研究所では、施設にさまざまな機能を追加して、これまでになかった利用方法も提案できます。新人研修の場にも使うことができますし、入社式に使うといった方法もあるでしょう。地元の企業にとって、これまでだれもが関係のあった学校を利用していくのですから、有意義なものになってくるのは確かです。

地域科学研究所では、多くのプロジェクトが進行しているようです。民間企業だからこそできる目線というところもあるでしょう。課題解決をおこなっていくために、多くのサポートをおこない、遊休地に多くの価値を与えてきたといいます。使えなくなったものから新たな空間をつくり出すことができることを考えれば、いかに大きな魅力を持っているかがわかるのではないでしょうか。

管理人おススメサイト◇◇◇株式会社地域科学研究所の最新情報 – Wantedly

コミュニケーション能力も高い地域科学研究所

日本の未来の問題を考えると、さまざまなことをおこなっていかなければいけない時代となりました。都市部に人口が集中してしまう状況は地方にとって大きな問題であり、地方の活性化を進めていくことが必要とされる時代になってきたといえるでしょう。
現実的に豊かな社会をつくるためには、地方の活性化が欠かせません。しかしながら、行政は手詰まりな問題を抱えているのが現状です。
こうした問題の力になるのが地域科学研究所で、数多くの地方団体をサポートをしてきた実績があります。総合的なコンサルティングを得意としているので、システム開発に強い力を持っています。
スマートフォンのアプリなどの開発からサポートをおこなえるという企業でもあり、体制としても充実していることが見て取れます。ほかにも、廃校などの再生といった企画力も持っているのは大きな魅力となっているようです。豊かで活力のある地域社会を実現できるように活動しているプロフェッショナルといえるでしょう。

行政には、さまざまな課題や要望があります。地方になれば、さらに顕著になってくるでしょう。こうした課題や要望に対して、地域科学研究所は専門的な知識を活用して適した解決策を提案できる力を持っているようです。多くのシステムを構築してきた実績がありますし、設計する能力も高いという評判があります。
要件を満たしたシステム構築が可能なのだそうです。サポート能力も地域科学研究所が持っているということで、分析をおこないながら、問題点を最適化していくことができるといいます。こうした提案力も地域科学研究所の魅力といっていいでしょう。アフターフォローが優れていることも、ポイントになってくるでしょう。これが地域の活性化という問題に対したノウハウの蓄積になってきたといえるのです。セキュリティの確立も進め、維持改善も地域科学研究所でおこなうことができるようです。大事な情報資産を抱えている行政として、高品質のサービスで安全性を確保できるということで、地域科学研究所の役割は大きいといえるでしょう。

廃校も農業法人として再生していく地域科学研究所の力

地方が多くの問題を抱えていることは間違いありません。解決策の模索が重要なポイントになってきますが、地域科学研究所ではこれまで多くの解決策を提案してきたということです。廃校を活用した提案は、地域科学研究所が得意とするところなのだそうです。空き家は、多くの問題を引き起こしす可能性があります。税収的な問題も出てきますし、空き家があることで治安も悪化することになるでしょう。活用できない空き家が増えることで、人口流出が起きていることもあるでしょう。地方だけではない問題ですが、学校の統廃合によって廃校になってしまった建物も空いたままになっていることがよくあります。この廃校を地域科学研究所はさまざまな形で活用できる提案をおこなってきたのだそうです。農業法人の活動の場所として活用するというのも、地域科学研究所によって手がけたプロジェクトのひとつのようです。

廃校になった小学校を拠点として、農業法人を展開できたのも、さまざまな教室が出荷や仕分けなどに活用することができたからです。
外に開けた場所にするために、カフェスペースにするというのはよくあるケースですが、建物の保存状況がよかったこともあり、もっと多くのことに活用ができたのです。
イベントもおこなえるのは、水道やガス、電気の設備が生きていたためであり、農業によって得られた野菜を調理して提供できるような理科室があるということも、イベント向きだったともいえるでしょう。

地方の学校ということは、都心部のように周辺がアスファルトとコンクリートに囲まれているわけではありません。これが農業にも活用できるメリットにもなります。
農業には土地があることが絶対条件。それができる環境が整っているのが、活性化にもつながるポイントになるでしょう。

地域科学研究所では、ほかにもさまざまなプロジェクトを進め、廃校をさまざまな拠点として使える方法も模索してきたのだそうです。行政との連携が欠かせない部分ではありますが、大きな可能性を持っていることは間違いないのではないでしょうか。地方自治体の経営をサポートする力も地域科学研究所は持っているということですし、将来ということでさまざまなシミュレーションもおこなっていくことが可能でしょう。分析に関しても得意としているようです。再配置や再建といったこともおこなうことを考えたときには、地域科学研究所が大きな力を発揮するようになるでしょう。システム構築やサポートといったICT技術の分野だけではない力を発揮するというのが理由です。

自然と共生する地域科学研究所の活動

地域の活性化を掲げ、さまざまなサポートをしていくことを考えた場合、自然にも大きな関わりを持っていくことになります。人間は自然と共生しなければ生きていくことができないのですから、大切な取り組みになっていきます。地域科学研究所の事業もそのような取り組みも行っているようですが、自然を大切にするというのが重要な意味を持っているのです。豊かな地域社会を実現するためには、自然と共に生活をしていかなければいけません。地域科学研究所は、環境活動として要求事項をはっきりとさせていることが見て取れます。電気の使用量削減をはじめ、燃料使用量の削減、廃棄物排出量の削減などは基本です。グリーン製品の購入や取扱製品の環境配慮といったこともおこなわれており、人間が自然と共生するために必要なことをおこなっているようです。これを地域科学研究所では周知徹底し、教育活動にもつなげているとのことで、大きな取り組みといえるでしょう。

地域科学研究所では、社内に環境委員会が設立されているのだそうです。社員に周知徹底するだけではなく、社内で評価報告もおこなうようになっているといい、内外から活動を監視した取り組みになっているといえるでしょう。ここまでのことは簡単にできることではありませんが、地域科学研究所では、地域の活性とともに徹底しておこなっているのだそうです。これも大きな評価を受けるポイントになっているといえるでしょう。

低炭素社会というところにも地域科学研究所の取り組みはつながっていくようですが、照明を間引いたり、自然光を有効活用したりするということは、地方の行政改革にも有効に働くことになるでしょう。省エネは大きな取り組みであるのは間違いないことです。エネルギー消費を下げていけば、その分だけ地方行政の経営にメリットを生み出すのは間違いありません。廃棄物排出量削減に関しても、リサイクルをうまく進めていくことによって、排出量を減らせることでしょう。地域科学研究所では、独自のルールを設定して明確な方法を取っているということで、これは大きなポイントになってくるといえるでしょう。低炭素社会の実現とは、だれかが主導していかなければいけないことです。それを提案する立場である地域科学研究所が自ら行っているというのですから、説得力を持っているのはないでしょうか。

環境を破壊するのは簡単ですが、再構築していくのには非常に多くの時間をかけなければいけません。自然豊かな社会を作っていくためには、積極的に取り組んでいかなければいけないでしょう。

ICT技術で行政を変革できる地域科学研究所

“公共団体が抱える課題は多岐にわたります。特に地方公共団体になると、なかなか解決できないことも出てくるでしょう。ニーズが複雑になってくるだけではなく、解決策が見いだせないといった問題もあるからです。地域科学研究所は、ICT技術によって問題解決を提案していくだけではなく、さまざまなシステム設計から構築、メンテナンスといったことがおこなえるようです。住民サービスとして、高いレベルにするだけではなく、効率化を強力に推し進めていくことが可能なのだそうです。

地域科学研究所の持つ技術のひとつとして、GISが存在します。地理情報システムの略ですが、地図情報を管理分析することができるシステムです。地域科学研究所は不動産鑑定事務所からスタートした企業ということで、こうしたシステムも有効に活用できる技術を持っていることが見て取れます。関連づけた情報を共有することもできるようになっているということで、土地情報を有効に活用することができるのでしょう。

GISが活用できる場面はいくつもあるのだそうです。地域科学研究所が、災害危険エリアなどの情報管理にも使えるのもそのひとつのようです。地域の中で、どんな情報があるのかを管理していくことによって、俯瞰してハザードマップなどの作成をすることが可能なのだそうです。自治体の業務として考えたときに、避難経路の策定などにも役立つといいます。地域科学研究所では GIS情報に水道や空き家といった情報も入れていくことによって、もっと精細な情報をつくり上げていくことができるようです。それらの情報を特定部署で抱えてしまうのではなく、共有もできるようになれば、コストも減らすことができ、効率的な運用にもつながっていくといわれています。より良い公共サービスの提供という部分で大きな役割を持つでしょう。

地域科学研究所がアプリなどでGPS情報を汲み上げることによって、現地調査にも活用できるようになるでしょう。情報の確認を進めていくだけではなく、写真撮影といったこともタブレット端末を持っていくことができるようになります。伝票の出力などもタブレットからおこなえるようになるのを考えたときに、さまざまなデータとの同期も進めれば、管理は格段にしやすくなるはずです。持ち運べることが非常に高い価値を生み出します。高いレベルでの情報分析に活用できるようになっていくのですから、地域科学研究所がもたらすICT技術は、行政にとって大きな変革となって表れるようになるでしょう。